男性器は小さいだけではなく大きすぎても悩みます

男として生きていく上でどうしても気になる部分が「性器」です。女性が胸の大きさを気にするように、男性も性器の大きさを気にします。と言っても、これも女性の胸と一緒で、大きければいいというわけではなく、大きすぎることによる悩みというものも存在します。

大きすぎることによる悩みの一つは、ズボンの上から膨らみがわかってしまうということです。男は気持ちが高ぶった時などに、性器が勃起します。自然な現象なので、恥ずかしがらない人もいますが、人前ではやはり恥ずかしいです。

ただ性器が大きすぎる人は、特に勃起していないのに勃起したかのように見えてしまうので、常に何かに興奮しているかのように思われているのではないかと、気になってしまいます。

また、性行為に対しても懸念が発生します。大きすぎる性器は、女性に受け入れてもらえない事があります。特に性行為を経験したことがない場合や、経験回数が少ない場合、男性の性器を受け入れることが困難なことが多いです。

快感ではなく、逆に痛みを感じてしまうので、男女関係に歪みを残す結果となる可能性があるんです。

ただ、個人的な意見ですが、男性は性器が大きい人ほど自信に満ち溢れているように思えます。実際に見て確認したわけではありませんが、図太いというかびくともしないように思えます。

結論としては、大きすぎず小さすぎず、硬く持続時間が長く持つ方が優れているかと思います。